自分はこうなんですと肯定するのに哲学が必要
自分は何故こうなんですかと批判されるとはーそうなんですかと
超解釈 サルトルの教えを買いました。
相手はアグレッシブな姿勢なとき。自分は攻撃されたと受け止める
嫌ですか?嫌になりましたか?とそのまま受け取る
哲学的に今こうおもうんです。という姿勢、読書をしてみる
安全な牌を確保しておこうとする。どうにもならなくならなくなる未来はくる
不安はあってもよい。その時考えればよい
本はうつ病の薬なのかな。栄養である。心の風邪を引いているのかもしれない
風邪とは現実としての自分の限界、
存在の不自由さを嘆くようにできているかもしれない
お前のせいだという、答えが自分の頭の中で無限ループします。
何かあったら自分のせいだと受け止めれば、現実の自分がかわる。
間違いがあったとき自分が責任をとれれば行動が変わる。
アンガージュマン自分は自分として、社会的に参加をしている
オフィスファーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください