こんにちわ。オフィスファームです。風邪が流行りだし、ゴフゴフ咳きこむのを良く聞く様になりました。寒くなってきました。オフィスファームはこれからは新しい人を向かえ新たなリスタートが始まります。不安がありますがどうなるか楽しみであります。僕は毎日室内にいて野菜がゆっくりと育つのを見守っています。野菜は育ちがよいです。これからは千種区役所販売を止め、よそに販売をする予定です。増産する予定でどれだけ売れるかと思うとワクワクします。水耕機はオフィスの中になりますのでキツイ農作業をしているわけではないのです。丸い穴があいたパレットにスポンジをいれスポンジに種をまいて肥料をいれてそこから2,3ヶ月様子を見ています。育つととても美味しい野菜になります。夏は比較的に良く育ちました。これから寒くなる冬を迎えます。主に育てているのはフリルアイスというレタスを育てています。育つのをじっくり見ながらいろいろと考え事にふけります。
 
 緑を見つめながら昔の事を考え込んだりします。僕は昔写真屋さんで働いていました。プロラボと呼ばれるジャンルで働いていました。プロラボとはプロ用の機械で商業用の写真を出力しる仕事です。プロのカメラマンさんたちの写真を現像する仕事についていました。写真にも色々ありプロがとる写真を見て凄いと思っていました。商業用ですので新聞などの広告に使われています。自分は何も知らないまま飛び込んだ世界でした。毎日楽しく仕事をやっていました。写真の世界を色々な情報を伝えてくれる世界です。現像したての写真がキラキラ輝いているのを見るととても楽しかったです。その経験を踏まえ、あるアニメを見ています。
 
 「色づく世界の明日から」というアニメです。写真や美術の部活にファンタジーを組み合わせた内容です。話はネタバレになりますが、主人公である未来の17歳の女子高生がタイムスリップをして2018年の日本に飛び込むという話です。ハイテク(魔法のようなもの)に取り囲まれた世界と今の世界との比較があります。ハイテク=魔法が当たり前の世界から今の自分たちの価値観が語られます。出会いとすれ違いがあります。設定上長崎が舞台になっています。長崎のグラバー園や夜景などが作品上に出てきます。登場人物にはいろいろな人達が出てきます。見ていてとても楽しいです。写真や美術の部活に所属している高校生たちが活動する様をみていて懐かしさやうらやましさを感じます。自分はフォトショップやイラストレーションを使って広告デザインをする仕事もやっていたので経験上とても大変な仕事だと思っています。仕事だと思わないで趣味としてどうかなと思います。職業訓練所に通い基礎を少し学びしましたが・・・
 
 業界の話をします。自分は広告業界で働いていたことがありました。未経験で飛び込んだ世界なので色々なことが刺激的でした。業界は社員の人がいればフリーランスの人もいました。結構残業するのが当たり前で自分は勝手にやめてしまいました。少し後悔をしています。チラシやカタログのデザインはとても自分で一人では間に合わないのでせめてもっと我慢をして経験を重ねるべきだったなと思っています。しかし色々な経験をして見たいと思っていたので、すぐやめても良かったとも思っています。親交はないのですが職場のかたがたのことを今でもあーでもない、こうでもないと考えたりします。
 
 オフィスファームより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください