だからこそ失敗を少なくするため、失敗の影響を減らすために日頃の備えが大切といえます。

何でこんな話になっているかといいますと。
水曜日に当社ホームページにて不具合が発生、閲覧できない時間が発生したことをお詫び申し上げます。

すぐさま調査を行い、当社側のミスと分かると速攻で対処を開始しました。
幸いデータは無事残っており、当日15時前には復旧しました。
エラー発覚から「このエラーの時は何が考えられるか、そしてその対処法は?」というのを速やかに調査した結果でした。
「備えあれば憂いなし」とはよく言ったものです。
皆様も些細なことがきっかけとなるような重大な影響にはお気をつけくださいね。

当社として幸いだったのは、メイン事業である野菜栽培への影響が一切無かったことでしょうか。
野菜栽培は日頃の変化に柔軟に対応する為、当社では人の手によって行っております。
また、水曜日の出張販売も人力にて安定した販売を行わさせて頂きました。
横の繋がりを大切にしつつもシステムは縦に割る。
これが当社における被害分散のリスクマネージメントでしたが、これが絶対の方法とは限りません。
皆様の皆様に合ったリスクマネージメントをご利用くださいませ。

堅い話となりましたが、事情が事情ゆえ致し方なし。
それでは本日はこの辺りで。
書き損ねた前二日分を一気に書いてみた今日の頃でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください